ミュージックフェスティバルに向けて③

昨日26日(月)の1時間目に,6年生全員で体育館に行き,5年生の合唱練習の様子を参観しました。5年生はいつも真剣で,自分のパートを精一杯歌う姿がとても感動的でした。「自分たちにも5年生のように歌えるんだろうか。」「5年生すごい。」「まとまってるな。」そんな感想があがりました。さて,本日27日(火)の1時間目です。さっそく6年生の練習を体育館で行いました。朝一番でしたが,昨日の参観のおかげか,みんな気合いが入っていました。1曲歌い終わったところで,さっそく齋藤先生がパートごとに分けて練習を開始。そこで気がつきました。「今日はちがうぞ。。。」パート練習に参加している人たちはもちろんですが,練習をしていない人たちが座って待っている間,他のパート練習の様子をじっと見て,聞いていたのです。ざわざわおしゃべりをする人がいませんでした。そして全員でそろえた最後の1回。これまで聞いたことのないハーモニーが体育館に響きました。聞いていた3人の担任の先生たちは,自然と涙がこみ上げてくる感動を覚えました。「気持ちを歌にのせるとは,こういうことなのか」と分かった気がしました。指導者のアドバイスをきちんと聞き,どんどん吸収し,自分たちのものとしていく,まるでスポンジのような6年生。まだまだ吸収し,上達していきます。

 

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました