1年生より「止まる」「見る」って大事だね!「交通安全教室」

5月21日(金)に,1年生は交通安全教室に参加しました。市役所の交通安全教育指導員の方から,交通安全について動画や体験などを通して教えていただきました。

代表児童や指導員の方が体育館を走り,止まる合図の笛で止まる実験をしました。止まる合図があってもその場では止まれず,何メートルも進んでしまうことが分かりました。

また,トンネルから出てくるボールからくまのぬいぐるみを助ける体験もしました。トンネルの中身が見えない時はボールがぬいぐるみにぶつかってしまいます。しかし,トンネルを透明にすると,ボールが出てくるタイミングが分かり,くまを助けることができました。

「とまる」「みる」ことが,事故を防ぐうえで大切であることを学びました。ご家庭でも,交通安全について,ぜひお子さんと話し合ってください。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました