かわってきた人々のくらし 校外学習

12月2日に社会科の学習で「桜民族資料館」「さくら民家園」に見学に行きました。

桜民族資料館では,古くから残る道具や使われていた道具を施設の職員さんから説明を受けて学習しました。

子どもたちからは、「どうやって使っていたんだろう」「アイロンの形がおもしろい」「この道具が変わってきて今の道具があるんだ」などと言った言葉がでていました。

 

 

さくら民家園では,昔の道具を使っていたころの暮らしの様子や家のつくりについて施設の職員さんからお話をいただきました。

今の住んでいる住宅とは大きく違うことに子どもたちは驚き,たくさんの発見をしてきました。

  

バスの運転手さんや施設の担当者さんに元気な声であいさつをすることもできました。また,雨の中の見学で傘を手に持ちながらも上手に見学することができました。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました