10月17日校外学習(自然博物館)に行ってきました。

出発式ではしっかりとした態度で教頭先生の話を聞くことができ,バスの運転手さんには元気な声であいさつをすることができました。

自然博物館では,パンフレットを見てグループで協力しながら館内を見学しました。

大きな恐竜のジオラマを見た時には,あまりの大きさに圧倒されていました。また、「なぜ絶滅したんだろう」と考えを広げる児童もいました。

「地球の生いたち」や「自然のしくみ」,「生命のしくみ」たくさんの分野を学ぶことができました。

そして学校に登校した時からワクワクしていたお昼です。お弁当をグループで仲良く話をしながらおいしく食べました。子どもたちの笑顔がいっぱい溢れた時間でした。

  

お昼を食べた後は,夢の広場でトランポリンやジャングルジムなどで元気いっぱい体を動かしました。

夢の広場での活動後は,自然に触れ合うために施設内をウォーキングして,人と自然とのかかわりや共生の大切さを学ぶことができました。

子どもたちは校外学習を通して,自然への関心を高め,知識理解を深めるだけでなく,集団行動を通して決まりを守ることの大切さや友達同士との絆を深めることができました。