今日の給食

(今日の献立)黒パン,牛乳,鶏肉のレモン揚げ,ラタトゥイユ,スターマカロニスープ

 鶏肉のレモン揚げはみんなの好物で,よく食べていました。スープには星型の米粉マカロニが入っていました。普段のマカロニより白いので「これは何だろう。」「花みたい。」「スープの中にいくつ入っているかな。」などと言いながら,喜んで食ていました。ラタトゥイユは,たくさんの野菜を煮込む南フランスの代表的な料理で,温かくても冷たくてもおいしいとか。今日の給食でも,なす・ズッキーニ・トマト・パプリカなどの野菜がたくさん使われていました。

 今日のラタトゥイユにも入っていたなすは,「食感が苦手。」「味がない。」などとあまり好まない子も見られます。私たちの住む茨城県では,6月から9月にかけて収穫され,今が一番おいしい時期だそうです。なすには,活性酸素の働きを抑えてガンや動脈硬化,高血圧などの生活習慣病を予防する効果があるそうです。ビタミンCを含むパプリカやブロッコリーと一緒に食べると,さらに効果がアップするそうです。また,つやつやした紫色の皮には,ポリフェノールの一種,ナスニンというアントシアニン系色素が含まれているそうです。アントシアニンはブルーベリーやブドウなどにも含まれている栄養素で、目の疲れをとったり視力を回復する効果があるそうです。いろいろな食べ方を見つけて,おいしい旬の時期にぜひ食べてほしいものです。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました