今日の献立:ごはん 牛乳 いわしのかばやき 大根サラダ(ソイドレッシング) さわにわん

4年生の国語「ごんぎつね」は,きつねのごんと兵十の関わりをえがいた物語です。いたずらをしたごんが,兵十に償いをするために,いわしを届ける場面があります。いわしは,昔から日本人の食生活と深い関わりのある食材です。縄文時代の貝塚からいわしの骨が発見されています。和食に欠かせない「だし」には,かたくちいわしの煮干しが使われています。正月料理の「田作り」にも,かたくちいわしが使われています。昔,いわしを田んぼの肥料にしたところ,米が豊作になったのが始まりとされています。節分には,いわしを焼いて食べる「節分いわし」という風習があります。

今日の給食は「いわしのかばやき」です。夏から秋に旬のいわしを味わってほしいです。今日のいわしは,骨もしっぽも食べられました。好きな子はしっぽまで全部食べていましたが,苦手な児童は手もつけませんでした。残念です。