連続技をアンプラグドプログラミングで【5年器械運動】

   

筑波大学体育会系准教授の金谷先生をお招きして、5年生の体育の授業研究を行いました。実践したのは「アンプラグド」のセット。これは「パソコンなどの端末を使わずにプログラミング学習をすること」です。連続技をどう組み合わせたら、自分の得意な演技をきれいに行うことができるかを考えながら、マット運動をしました。4人グループになり、タブレットで録画も分担しながら、とても熱心に進めていました。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました