若竹の時間,ボッチャに挑戦しました。ボッチャとは,ヨーロッパで生まれたパラリンピックの正式種目です。ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに, 赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり,転がしたり,ほかのボールに当てたりして,いかに近づけるかを競います。今回は縦割り班の遊びの中で行いました。最初はボールの扱いに慣れず,うまくコントロールできませんでした。しかし,回を重ねるうちにコツをつかみ,勝つための作戦を考え,楽しく活動できました。高学年のお兄さんやお姉さんがリーダーシップをとりながらチームで協力している姿が印象的でした。赤・青どちらがより近づいたか?微妙な距離にドキドキ!髙田先生からの判定に歓声があがりました。

 

  

ジャックボールに大接近!