PTA校外委員会主催の通学路安全パトロールという取組があります。

年間2回(春と秋)、日を決めて、学校、地域等による児童の通学路の安全を確認するとともに美化活動を行うものです。
11月2日に教頭先生、PTA本部役員、校外委員に加え、警察署やスクールサポーター、スクールガードリーダーの方にもご協力して頂き、秋の危険箇所合同パトロールを実施しました。

パトロールでは、吾妻、竹園、倉掛、花園地区の計4班に分かれて学区内の主な通学路における交通の様子や道路周辺の環境などの確認を致しました。

1.街灯が少なく暗い地域
2.自転車と歩行者が混在する交差点
3.U字溝の蓋があれば歩道を広く使える道路
4.廃墟化している家や倉庫
5.横断歩道のペンキが剥がれかけている箇所

など、多数の危険箇所が見つかりました。
これらの情報は、学校内に掲示している危険箇所マップに即日追加しました。学校へお立ち寄りの際は、是非ご確認いただき、お子様への指導にご活用ください。今後、学校と協力して改善の要望も出してまいります。

また、
1. 高いブロック塀の側を歩く時は注意する。
2. 防犯の為にも、鍵をポスト等に入れず、工夫をして子供に持たせるようにする。
など、注意してください。

これからも子ども達が安心して登下校できる通学路のために、校外委員は活動を充実さ
せていきます。

今後ともご協力を宜しくお願い致します。

校外委員会