令和2年度つくば市中学校総合体育大会について

つくば市中学校体育連盟から連絡がありましたので,お知らせします。

令和2年5月21日

保護者 様

つくば市中学校体育連盟会長
吉原 憲夫
つくば市立高崎中学校長
宮本 智雄

令和2年度つくば市中学校総合体育大会について(お知らせ)

青葉若葉のさわやかな候,保護者の皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。また,臨時休校に伴い,生徒のご家庭における学習や生活の支援にご理解とご協力を賜り深く感謝申し上げます。
さて,本県は5月14日に緊急事態宣言が解除され,6月からは分散登校での授業が開始となり,通常授業開始後は徐々に部活動も実施できる見通しとなっています。しかしながら,新型コロナウィルス感染拡大防止のため,4月28日に令和2年度全国中学校体育大会の中止が決定され,5月7日には関東中学校体育大会の中止が,5月14日には県民総体中学校の部及び地区大会(県南中学校総体)の中止が決定されました。
生徒たちは,臨時休校期間中(春休みを含めて約3か月間)は部活動を実施しておらず,基礎体力の低下,練習不足は否めないのが現状です。
これらを踏まえ,つくば市中体連評議員会において,令和2年度つくば市中学校総合体育大会の開催について慎重に検討を行いました。総合体育大会は,運動部活動に励む中学生が大きな目標としてきた大会であり,特に9年生にとっては,中学校時代の集大成となる最後の大会であります。しかし,競技中はもとより,選手の会場への移動や会場環境も密集・密閉・密接を避けがたく,また6月以降部活動が再開できたとしても,練習期間の短い中での大会開催は,熱中症も含め,選手をはじめ,監督・コーチ,競技役員等大会関係者の健康・安全の確保が困難と判断し,下記のとおり苦渋の決断に至りました。何卒,ご理解賜りますようお願い申し上げます。

1 つくば市総体について
令和2年度つくば市中学校総合体育大会は中止とします。

2 9年生の救済措置(代替大会等)について
9年生の救済措置(代替大会等)の可否については,今後,県南中体連及び県中体連で検討されます。つくば市中体連もその方針に沿って対応いたします。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました