8年生救急救命講習

「応急処置のねらいについて考え,応急処置を適切に行うための手順について理解すること。」「人工呼吸法や肋骨圧迫,AED使用の実習を通して,救急救命の技能を理解し,実践していこうとする意識を高めること。」をねらいとして,8年生が救急救命講習を行いました。成人の講習と同様にクラスごとに3時間の講習でした。順番に実技体験する際には,どの生徒も真剣そのものでした。最近は,町のあちこちにAEDがあります。生徒たちにもいざというときに講習を受けたことを活用することを期待したいです。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました