吾妻中学校に苫小牧市より行政視察がありました

Print Friendly, PDF & Email

 

吾妻中学校の記事

12月14日(火)に、つくば市立吾妻中学校に苫小牧市学校教育力向上マスタープランに係る先進地視察の依頼があり、教育委員会およびICT活用委員会の方々8名が訪問されました。

最初に、茂在校長先生から学校の取組や運営方針の説明がありその具体について教頭先生、教務主任から話がありました。昨年度の市の研究指定研究を生かした、次世代型AZUMAプランに沿った一貫した取り組みの様子に視察者も頷きながら耳を傾けていました。

授業参観は、7年生から9年生まで5クラス参観いただきました。とても特徴的だったのが、どのクラスもGIGA端末を使っているのは勿論でしたが、基本的に生徒の議論によって授業が進んで行くスタイルに驚きました。先生方は、ファシリテーターであるというスタンスが徹底されていて、生徒が主体的に学ぶ姿がみられました。途中、参観の予定がなかったバーチャルピアノを使った授業も、見せていだきました。

質疑応答では、苫小牧市の先生方から「ベテランの先生方は困り感はないですか?」という問いに、小澤教務主任は、「せっかく苫小牧市の先生と知り合えたのなら、授業で交流とかしてみたいという話も出るくらい、アイディア旺盛なベテランの先生がいるのが吾妻中なんです」というお話がありました。

校長先生を中心に、「視察は先生方にとってもいい機会。とてもありがたい」という言葉をいただきました。吾妻中学校の先生方ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました