第12回つくば市学園対抗環境かるた大会

Print Friendly, PDF & Email

夏真っ盛りの令和元年7月30日(火)につくばカピオにおいて、「第12回つくば市学園対抗環境かるた大会」が行われました。例年、冬に開催されていましたが、インフルエンザの流行時期に行うことの懸念があることから今年度は夏休み中の開催となりました。

「環境かるた」は茨城県立竹園高等学校の、元養護教諭、田上公恵先生のもと、保健委員会環境班の生徒の皆さんが環境問題について調べ、絵札や読み札から解説書まですべて手作りしたものです。このかるたを使い、楽しく遊びながら環境についての関心を高めようという目的で平成 21 年から環境かるた大会を開催されています。

開会式では、環境かるたの作成に携わった竹園高校卒業生の伊藤生子さんが地球温暖化について触れ、環境かるたには、地球を守るためのヒントがたくさん書かれていますとお話しされました。力強い選手宣誓のあとに始まった予選会では、児童は学園・学校の代表として、日頃の練習の成果を発揮し、楽しく参加することができました。そして、決勝トーナメントでは、真剣な表情で札をとる姿が印象的でした。

決勝戦は、4連覇を狙う竹園学園対豊里学園の勝負となりました。熱戦の結果、竹園学園が見事4連覇を果たしました。また、今大会では、竹園東中学校と茎崎中学校の生徒の皆さんが中学生審判として参加し、大会運営に大きく貢献してくれました。参加した児童が、環境カルタで学んだことを生かして環境問題に取り組み、リーダーとなって活躍することを期待しています。

“環境かるたパンフレット” をダウンロード 01sheets.pdf – 7回のダウンロード – 4 MB

タイトルとURLをコピーしました