特別研修講座「深い学びの実践~教員は何をするべきなのか~」

Print Friendly, PDF & Email

12月18日(火)、みどりの学園義務教育学校を会場に、東京インターナショナルスクール理事長、教育再生実行アドバイザーである坪谷・ニュウエル・郁子様を講師としてお迎えし、特別研修講座が開かれました。

テーマは、「深い学びの実践~教員は何をするべきなのか~」といった非常に難しくも興味深いテーマのもと、経験から生まれる人の存在意義を支える、教育の本質についてお話くださいました。国際バカロレアという、自分で考え調べて学び気づくという素晴らしい理論と実践は、多様性を理解し尊重し、平和で豊かな世界を創造することに貢献できる人を育成していることに触れ、教員が何をすべきなのかを気づかせてくれました。

また、これらの教育理論の根底には、自己の存在が必ず他者に幸せをもたらせるものであるという自己有用感や自己肯定感があり、教員は子供たちこのことに気付かせることが大切だということを学ぶことができました。

タイトルとURLをコピーしました