トワイライト研修「授業に役立つ絵画指導」-水彩画指導のポイント-

Print Friendly, PDF & Email

12月12日(水)18時~、講師にアーティスト、スカーフブランドikA.Kのデザイナー、木村亜希氏をお迎えして、授業で役立つ絵画の指導について講座を行いました。講座では参加の先生方の普段の指導での課題等を聴いて頂き、その解決の手立てについてご指導頂きました。

今回は、先生方がかかえている課題の中で、「人物画」の指導法について、実践を交えながら、具体的にひとりひとり丁寧に教えて頂きました。「モデル」を総合教育研究所の板谷亜由美所長がつとめ、デッサンの方法(どこから描きだすか、大きさのバランスはどうするか等)から色付け、背景の処理等にいたるまで、細部にわたり教えて頂くことができました。背景の色、下地の色や塗り方により、絵の印象が全く異なることや、陰影を効果的につけることによって、立体感が出て写実的な絵に仕上がるなど普段の授業の指導で役立つ方法について学ぶことができました。

タイトルとURLをコピーしました