トワイライト研修「学級経営の充実のために」

Print Friendly, PDF & Email

後半第1回目のトワイライト研修は、つくば市教育局長 森田充先生を講師にお迎えして「学級経営の充実のために」をテーマに市内20名の先生方と去る10月10日(水)18時よりつくば市総合教育研究所においてゼミ形式の講座を実施いたしました。

  1. 「2030年を生きる人を育てる」では、昔は、家族の中で折り合いをつける機会があったが、今はそういった機会がないので、子供たち自らに解決させる機会をもたせてあげることが大切であること。また、特別活動では、よりよい学級にするための工夫・活動を自分たちの力で作り上げていくことが重要であること。
  2. 「授業力を磨く」では、理想の学習像、学ぶ姿を教師と子供たちで共有すること、子供たちの理解を深めるために発問を磨き子供たちの意見をつないでいくこと。
  3. 「保護者対応」では、担任一人で抱え込まないように、チームで対応できるように、すぐに、学年主任や管理職等に相談することが重要である。

ということを、森田先生の担任としての経験談をおりまぜながら聞かせていただきました。また、こんな場面ではどのように対応するかについて、グループ協議をしたりとあっという間に時間が過ぎていきました。

「先生の姿が子供たちみんなの見本」という森田先生の言葉に、明日からのエネルギーをいただいた研修でした。