第12 回キッズデザイン賞 奨励賞キッズデザイン協議会長賞を受賞

Print Friendly, PDF & Email

つくば市総合教育研究所が、市内の一人一人全ての小中学生の特性に対応し、自ら未来を切り開くことのできるチェンジ・メイカーの育成を目指して推進しているICT活用教育プログラム「つくば7Cスタディ」が、「第12 回キッズデザイン賞」で奨励賞キッズデザイン協議会長賞(子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門」を受賞しました。

キッズデザイン賞は、 「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスであり、優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。受賞理由としては、AIに置き換えられない人間ならではの問題解決力を、ICT時代ならではのシステムを活用し て、一人ひとりの特性に応じて養成するプログラムとして完成度が高いことや、小・中学の9年間にわたる系統的なスパイラルアップ学習を前提としており、子どもの成長発達とともにレベ ルアップしていく点が高く評価されました。

今後はつくば市の子供たちだけでなく、未来を拓く日本の子供たちのためにキッズデザイン賞を授賞した、「つくば7Cスタディ」を無償で日本中に広めたいと考えています。

↑作品を見学する平木経済産業大臣政務官