B2 ICTスキルアップ研修講座

Print Friendly, PDF & Email

7月31日(火)はB2「ICTスキルアップ研修講座」の2日目で、午前にOneNote活用編、午後には見ん者活用編が行われました。

OneNote活用編では、マイクロソフトの原田英典氏をおまねきし、OneNoteの基本的な使い方から、児童生徒に使わせることを考えたClassNotebookの活用の仕方などを学びました。タブレットをひとり2台使い、教師の画面と児童生徒の画面を見比べながらわかりやすい実習を行いました。また、授業だけでなく、学園間での教員同士の連携にも使えるのではといったアイディアも出て、これからいろいろな場面で使えそうだと実感できました。

 

見ん者活用編では、実際にボールを投げるところを撮影し合い、お手本の動画と見比べてみました。「ボール投げは撮影が難しいかも」「お手本も実際に教師がやっているところを子どもたちに撮影させたほうが身近じゃないか」「撮影方法を工夫しないと効果がないね」といった活発な意見が出て、具体的に授業で活用するイメージがわいたようです。

 

アンケートより

  • OneNoteを活用したいと思っていたのでよいきっかけになりました。今後、仲間を増やしながら、実践を増やしていきたいと思います。
  • OneNoteを活用した授業づくりにおいては、ルール設定が大切と感じました。
  • 見ん者を進んで活用し、学校体育の充実を目指したい。夏休み明けからぜひ使っていきたいです。
  • 見ん者は、陸上競技や器械体操の指導で活用できそうだと感じました。