つくばスタイル科ワーキンググループ研修会

Print Friendly, PDF & Email

5月22日(火),本年度の第1回目となる「つくばスタイル科ワーキンググループ研修会」を実施しました。

今年度のワーキンググループは、道徳の教科化や小学校外国語活動の時数変更を受け、見直しを図る役割を担っています。各学園から集まっていただいた代表の先生方には、KJ法を用いて先生方の実感から得られる課題感や成果を出していただきました。付箋に書く際には、さまざまな課題やそれにまつわる学校の現状等を伝え合い、共感したり提案したりしながら進めていただきました。中には、いち早く教育課程を学校独自に編成し、取り組んでいる学校さんの事例を聞きながら、熱心に議論する様子も見られました。また、義務教育学校ならではの困難さを抱えていることもお話しいただきました。その後、課題感等から総合的に判断し、現時点で各単元の重みづけの割合を視覚化していただき、示していただきました。

これらの活動から見えてきた、スタイル科の現状と課題を十分に分析し、新学習指導要領に対応できるよう、検討を重ねていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました