教育課程検討部会 研究授業 IN 洞峰学園小野川小学校

Print Friendly, PDF & Email

11月29日(火),洞峰学園小野川小学校で、「6つの帽子」研究授業が行われました。

「6つの帽子」とは思考法のひとつで,6つの異なる視点から発想することでアイディアを得るやり方です。教育課程検討部会ではこの「6つの帽子」をグローバル人材の育成のひとつのキーワードである「合意形成能力」育成の手段となり得るかの検討を進めています。この「6つの帽子」とは1.白い帽子(中立的視点(事実やデータ))2. 赤い帽子(感情的視点)3. 黒い帽子(批判的・消極的視点)4. 黄色い帽子(希望的・積極的視点)5. 緑の帽子(創造的視点)6. 青い帽子(冷静的・思考プロセス的視点)です。今回の授業は「学級活動の中で私たちにできることを考えよう」という題材で澤村ゆかり教諭(3年1組担任)に学級活動を展開して頂きました。

「6つの視点」のうち主に2つの視点で実践頂きましたが,児童たちの活発な話し合いが行われていました。

その後,教育課程検討部員も校内研修に参加させて頂いて方向性のみえる有意義な研修を行うことができました。校長先生はじめ小野川小学校の先生方には大変にお世話になりました。ありがとうございました。

001 002

タイトルとURLをコピーしました