A2 小中一貫教育における教員実践力向上研修講座

Print Friendly, PDF & Email

5月25日(水),A2小中一貫教育における教員実践力向上研修講座が行われました。第一回目の今回は,「9年間を意識した配慮を要する児童生徒への対応」をテーマに,前半は教育指導課の岡野指導主事による講話,後半はグループごとに事例を出し合っての話し合いとなりました。

IMG_2244 IMG_2260

アンケートより

  • 学園ごとのワークショップなので,子どもの顔が浮かんでイメージしやすく,自分にも関わる事例として真剣に考えることができた。「集団力学」についての講義は,分かりやすくためになった。つい,個別の事例として,問題行動を起こす児童と家庭,教員の力で解決しようとするが,クラスの子どもたちの力を解決に向けて発揮できるなんて,目からウロコが落ちる思いだった。
  • 保護者との連携ですが,困り感を共有し,共に協力していこうという姿勢が大切だと改めて感じました。
  • どの学校,クラスでも同じような問題や悩みがあることがわかりました。一人で悩まず,共通理解をしながら複数の目で対応すること,そして,集団を育てていくことで個人を救えるかもしれないことなど,勉強になりました。きょうの研修を振り返って,また明日からがんばります。

 

タイトルとURLをコピーしました