「つくしの広場」の活動Q&A

ques「つくしの広場」ではどんなことをしているのですか?

本人と担当者が相談をして計画を立て,個別の活動と共同の活動の時間に分けて過ごします。学習は1日に1~2時間程度,本人の計画のもとに行います(学習用具は持参です。コンピュータ学習もできます)。
学習以外の時間は,運動やゲーム,栽培活動や調理活動,音楽や絵画等の創造的活動など,さまざまな活動をします。*特別な行事もあります。
【例】サイクリング,バーベキュー,野菜の収穫,芋掘り,エキスポセンター見学,餅つき,筑波山登山など

ques時間割はあるのですか?

おおまかな時間割はあります。下図はある1日の日課です。 jikanwari*時間はチャイムで区切るわけではありません。だいたいの目安です。
*つくしタイムは,朝は活動計画を確認し,帰りは1日を振り返る時間です。
*昼食はお弁当です。給食はありません。

ques毎日開いているのですか?夏休みや冬休みはどうするのですか?

月曜日から金曜日まで開いています。ただし,水曜日はお休みです。水曜日は「チャレンジDay」として学校復帰に向けてチャレンジする日です。
夏休みや冬休みは,学校と同じようにお休みですが,必要に応じて相談日を設けています。(子どもたちと担当者で相談して,休み中の計画を立てています。)

ques通級の方法はどのようにすればいいのですか?

保護者の責任のもとに行っていただきます。車での送迎でも,自転車でもバスの利用でもかまいません。
費用はかかるのですか?服装や持ち物はどうするのですか?
調理や所外活動などでの実費はいただきます。
服装は,小学生・中学生らしい服装であれば,制服でも私服でもかまいません。持ち物は学習用具とお弁当,飲み物以外はとくにありません。そのほかの物が必要なときは,連絡します。

ques申し込めば,誰でもすぐに入会できるのですか?

つくば市内に居住し,市内の小中学校に在籍する小学校5年生から中学校3年生を原則とします。
入会する前に,本人および保護者と面接面談をします。そこで,本人にとって望ましい支援の内容や方法を話し合います。さらに,「つくしの広場」での活動を本人と保護者が希望し,それが望ましいと判断した場合に入会します。正式入会には体験入会の期間が必要です。

ques入会の手続きは難しいのですか?

入会することになった場合には,保護者が「入会願書」を学校に提出し,学校が「入会承諾申込書」を教育相談センターに提出します。教育相談センターでは,「承諾通知書」を学校と保護者に発行します。あくまでも学校を通して手続きは行われます。必要な用紙は学校にもあります。また,年度末には全員が退会となります。退会手続きはとりません。継続する場合は,新年度に再入会します。

ques学校の出席として扱ってもらえるのですか?

「つくしの広場」への出席も面接での相談も,学校では出席扱い(指導要録)となります。月に一度は,教育相談センターと学校で話し合いをもち,学校・家庭との連携の中で本人を支援していきます。

ques午前中だけ,もしくはある曜日だけ通うことはできますか?

できます。
登校を安定して継続させるために必要な場合には,「つくしの広場」と学校への登校を重ねます。本人の再登校に必要なことを,その子どもの実績に合わせて支援していくことが大切です。

ques再登校させるために,無理矢理学校へ連れて行くことはないのですか?

再登校を目指して活動しますが,もっとも大切にすることは,本人の心の安定です。「つくしの広場」にも慣れ,小集団の中で対人関係や集団活動に自信を持ち始めて,再登校を促した方がよいと判断できる時期になったとき,本人および保護者や学校と相談の上,望ましい方法で再登校を支援します。