実物の価値

今日で、ミュージアムパーク茨城県自然博物館の移動博物館が終了しました。子どもたちも、大変興味を持ったようで、開催できたことに充実感を感じています。その中で、実物を見たり触れたりして感じたことの大切さを、改めて感じました。

今回の移動博物館を見学するに際し、子供たちには1枚のスケッチを提出ことを課しました。そのスケッチが、上に示した写真で、4年生の作品の一部です。実物を一生懸命に観察し、その後にいろいろなことを調べた様子を感じることができました。

バーチャルがもてはやされてきた昨今ではありますが、本物をしっかり見て感じ取る感性も、大切にしていきたいと思います。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました