掟破りの読み聞かせ!?

12月17日(金)。読み聞かせボランティアの皆さんによる読み聞かせが、ありました。

年末の本降りの雨の日以外、いつも通りの読み聞かせが各学級で展開していました。

と、思っていたら3年1組の教室では、声に出して本を読んでいるのは子供たちでした。身を乗り出すようにして本の文字を見つめて、群読しているのです。

 

ボランティアさんは、子供たちがそのページを読み終わると、一言コメントを言って、次のページをめくる。子供たちノリノリの掟破りの読み聞かせです。

この本は谷川俊太郎さんの絵本「これはのみのぴこ」。ボランティアさんは、インターネットで「読み聞かせの工夫」について検索して、この本とこのやり方を知ったそうです。

 

各学級の読み聞かせが終わると、ボランティアの皆さんは図書ホールに集まり、簡単な振り返りをします。子供たちの反応、選んだ本はどうだったとか・・・。子供たちのために一生懸命考えて活動しているのが伝わってきます。

外は冷たい雨ながら、ほっこり心温まる読み聞かせの朝でした。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました