こもれびに輝く1年生

11月26日(金)。令和3年度の遠足の最後は、1年生。9月29日の当初の予定を延期しての実施でしたが、見事な秋晴れに恵まれ、まさに、“紅葉のこもれび”を満喫しました。

最初は、クラフト体験で「キャンドル球」作りをしました。白いキャンドル球にカラー粘土でデコレーションしていきます。

形が整っていくと友達と見せ合い、出来栄えを拍手で褒めたたえ合っている子たちもいました。

おうちの人が作ってくれたお弁当を子供たちは、誇らしげに開けて食べました。木漏れ日が、そんな子供たちやお弁当を穏やかに照らしていました。一段とおいそうでした。

お弁当のあとは、動物たちへの餌やり体験。ニンジンを棒の先にくっつけて、食欲旺盛なロバや馬、ヤギたちに食べさせました。なかでも、体が一際大きい馬は、おっかなびっくり感いっぱいでした。

学校に帰ってから、引率者で遠足について振り返りました。学校出発から、班ごとの整列もすばやく時間通りに行動し、お弁当をはじめ、活動の後片付けもばっちり。

今年度の遠足のフィナーレを見事に飾った1年生でした。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました