赤組【5?1点】白組【5?1点】~運動会後編~

10月28日(木)。審判係による、個人走のご褒美シール“授与”は、予行でもやらなかった本番のみ活動。

各学年の個人走第2弾は、障害走。3・4年生は、「スマイルジャンプ!!」。5枚のカードに「なわとび」「フラフープとび」がそれぞれ2枚ずつ。そして、そのまま走る「ラッキー」カードが1枚。やはり、「ラッキー」カードは、速かった。

1・2年生は「走れ どうぶつの森」。略して「はし森」?。これも3種類のカードを引く。「クマ」=四足歩行。「ウサギ」=ウサギとび。そして、そのまま走るラッキーは、「チーター」。次の写真ではクマさんの後ろから、猛スピードのチーターが!

  

5・6年「こっちにあげてもろて」。学年主任の先生が紅白どちらのかの旗を揚げる。そのとき初めて進む方向が決まる。大きくリードして一発勝負に出るか、どちらが出ても対応できるようにスタート付近にいて、追い上げるか。一発勝負派多数。

代表選手による「紅白対抗リレー」。やはり、運動会の花形種目です。

最後の種目は「全校玉入れ」。1回目1・3・5年生。2回目は2・4・6年生。写真、上の籠はポイント5点。5点籠は、紅白両チームとも入った玉は3つの15点。しかし、1点籠の数で赤組が圧勝。

そして閉会式。まずは「整理運動」。

  

得点係による緊迫感漂う「成績発表」。一の位は、紅白ともに「1」、百の位も、紅白ともに「5」。どちらも「5?1点」。上の写真は、十の位が発表される直前。

「十の位、赤『9』」。この時点で、はっと気づく子たちがいました。そして「白『2』。」改めて「赤の勝ちです!」と発表されるや、赤組は歓喜のガッツポーズ。白組では、多くの子供たちが拍手で赤組の勝利を讃えていました。

 

表彰。団体、そして紅白対抗リレー、2冠の赤組。

 

国旗を降納し、「閉会のことば」。終日、穏やかな青空のもとでの運動会。保護者の皆様の大きな声援を受けて、「今だ!!限界突破!!栄魂」炸裂の感動をみんなで生み出すことができました。

ありがとうございました。

 

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました