日帰り2日の校外学習(初日)

10月13日(水)。5年生1泊2日の宿泊学習の代替行事として、2日間にわたる校外学習を計画しました。初日は、市内施設見学です。

まずは、国土地理院の地図と測量の科学館。展示物を見学や、ウオークラリーにチャレンジしました。

バスに乗って15分ほどでの施設で、遠足では近過ぎる。今回のようなケースだからこそ来られたところがあります。みんなと一緒にワクワク楽しめる施設が、近くにあること実感し、誇らしい気分に浸っているようでした。

今回の校外学習は、特に前例のない取組があります。完璧に晴れていれば、施設の屋外で食べる予定でした。しかし、この日の天気予報は不動の雨。

学校に戻って、体育館でお弁当を食べました。これも、見学施設が学校に近いことのメリットです。校外学習中、体育館でみんなで食べるお弁当は、かなり新鮮でした。

お弁当後、再び、バスに乗車。

午後は、筑波実験植物園へ。

様々な樹木の中、「わくわく探検クイズ」として設置されたプレートを見つけ出し、解答用紙にチェックしていきました。

午前も歩きはありましたが、座ってする活動もあり、自然に休憩がとれていました。午後は、ほぼ歩きっぱなしでした。たった15分の帰りのバスは、爆睡する子も少なくなかったです。

それでも学校到着後、バスから降りると「ああ、楽しかったあ!」という声。そこには、明日も楽しみという思いが伝わってきました。

つづく・・・

Translate »
タイトルとURLをコピーしました