今日は、2年生が水を得た!?

7月15日(木)。昨日の6年生に続いて、本日も「水を得る」活動を2年生が行いました。

算数の「水の かさをしらべよう」の単元で、「mL(ミリリットル)」について理解する学習でした。

担任の先生は、おもちゃの注射器を使って、子供たち一人一人の手のひらに「1mLの水」を落としていきました。「1mLの水」を体感です。

同じ「水を得る」でも、昨日の6年生が水しぶきを受けながらバケツに汲み出すのとは非常に対照的です。親指と人差し指で「こんなにちょっとだった」と、席に戻ってから近くの子に伝える子もいました。

この後、「1Lが、何mLなのか。」を、みんなで考えました。

注射器を使って10mLずつ20回、1Lの計量ますに注いで、みんなで200mLを確認。次の時間はテストでしたが、テストの間中、先生は注射器を使って、70回繰り返し900mLにしました。

テスト終了後、改めてみんなで数えながら、1L満タンになるまで繰り返していきました。数えながら、「やっぱり(1Lは)1000mLだ!」とつぶやくなど、理解を深めました。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました