つくば市のプログラミング学習、実践事例などをご紹介しています。

科学部 部活動「僕たちの夢のまちつくば」

本時の目標
教育版マインクラフトのマルチプレイで自分たちのコンセプトに合わせた街づくりを行う。
本時で育成する情報活用能力
教育版マインクラフトのワールドを共有した街づくりに必要な課題を設定し,それらを解決するための情報を「収集」する。全体のエリア設定のために,座標を割り出したり,必要面積を設定する。

  • 導入
    1. 自分たちの生活しているつくば市にについて考える
      ・住みやすい点
      ・住みにくい点
    2. プロジェクトの計画をつかむ。僕たちの夢のまちつくばをつくろう。
    留意点
    • 生活している中で,つくば市の住みやすい点と住みにくいと感じる点を出し合うように伝える。
    • つくば市の街作りの課題を見つける。
    • ワークシート手順を確認する。
  • 展開1
    1. プロジェクトの計画を立てる
      ・コンセプトの設定
      ・ マルチプレイのルール
      ・ 役割分担
      ・ 製作日程
    2. 製作についての計画を立てる
      ・エリア設定
      ・ 座標の設定
      ・ 製作手順
    留意点
    • 街づくりのコンセプトを明確にすることで,どんな施設,何の目的で街を作るかを明確にさせる。
    • マルチプレイをするに当たっては,それぞれがルールを守らないと作業ができないことを自分たちで決めさせる。
    • エリア毎にテーマを設定し,それぞれが分担して作業できるようにする。
    • 分担ごとにフローチャートの示してあるワークシートを基に,手順を示す。
  • 展開2
    1. マルチプレイ開始。
      (1)各分担作業を進める。
      ・手順は最も効率が良いか
      ・抜けている手順はないか
      ・コマンドについてのルール
      ・バグはないか
      (2)プレゼンテーション
      ・ プレゼン用動画作成
      ・ 台本作り
      ・ スライド作り
    留意点
    • よりよい手順を相談し,最も効率よく建築するために手順を見直しさせる。
    • 分担ごとにフローチャートを並べて見直しするように伝える。
    • 手順は最適か、条件によってもっと良い方法がないか友達とアドバイスし合う。
    • バグが発生した場合は全員で解決策を考えさせる。
    • プレゼンテーションコンテストに参加することを伝える
  • まとめ
    1. プレゼンテーションコンテスト出品。
    留意点
    • 街づくりの成果と課題をまとめさせる。