つくば市のプログラミング学習、実践事例などをご紹介しています。

6年音楽「和音の美しさを味わおう」

アイコン
6年音楽「和音の美しさを味わおう」提示資料

アイコン
6年音楽「和音の美しさを味わおう」掲示物

本時の目標
音楽の仕組みを生かし,与えられたリズムを参考に,表現したい音楽になるよう工夫することができる。
本時で育成する情報活用能力
音楽の仕組みとプログラミングを関連付けながら旋律づくりに取り組むことができる。

  • 導入
    1. 学習内容を知る。作った旋律のリズムを工夫して,イメージに合った音楽を作ろう。
      (1)前時の学習を振り返る。
      (2)本時の学習課題を確認する。
    留意点
    • 前時の旋律づくりを振り返らせ,本時の学習に対する意欲付けをする。
    • イメージに合った旋律をつくるためにリズムを工夫するという目的意識をもたせる。
  • 展開1
    1. 活動の見通しを持つ。
      (1)リズムの工夫の仕方に見通しを持つ。
      (2)まとまりのある旋律をつくるこつを確認する。
      (3)活動の流れを確認する。
    留意点
    • 全体でリズムの工夫を試し,リズムの工夫の仕方に見通しをもつことができるようにする。
    • 「静かにねむれ」(5年教材)を用いて,リズムを変えることで,音楽の感じが変わることを感じ取らせ,自分の音楽も工夫しようとする意欲を高めさせる。
    • 既習のまとまりのある旋律をつくるこつを確認し,これを本時の「音楽づくりの約束事」とすることを伝える。
    • 活動の流れをフローチャートで明示することで,見通しをもって主体的に活動ができるようにしたい。
    まとまりのある旋律にするためのこつ
    • 反復する小節をつくる。
    • 変化する小節をつくる。
    • 全ての2分音符を変化させる必要はない。
    • 4小節目は全音符にする。
  • 展開2
    1. リズムを工夫する。
      (1)旋律のリズムを工夫する。
      (2)和音伴奏に合わせて演奏しながら工夫する。
      (3)作った音楽にタイトルをつけ,工夫したことを書く。
      (4)全体で交流する。

    リズムカード

    留意点
    • 二人組で活動させることで,互いに考えを出し合いながら音楽づくりを進めることができるようにする。
    • リズムカードを提示することで,リズムを工夫するための参考とさせ,いろいろなリズムパターンを試しながら音楽づくりができるようにする。
    • Scratchでプログラミングするだけでなく,リコーダーや鍵盤ハーモニカで演奏を試しながらリズムを工夫するとよい場合があることを助言する。
    • 演奏しながらの工夫が難しいペアに対しては指導者が演奏して聴かせ,イメージをつかむことができるようにさせる。
    • Scratchでプログラミングした和音伴奏と合わせて聴くことで,まとまりのある旋律になっているか確認させる。
    • 自分の思いや意図を明確にできないグループには,他のグループの工夫やワークシートの記述内容を参考にさせる。
    • つくった音楽にタイトルをつけさせることで,思いや意図を表現の工夫と関連付けることができるようにしたい。
    • タイトル当てクイズを行うことで,思いや意図を表現の工夫と関連付けて聴取できるようにする。
  • まとめ
    1. 学習の振り返りをする。
    留意点
    • 自分たちでオリジナルの音楽をつくことができたことを称賛し,音楽づくりに自信を持たせ,中学校での旋律創作への意欲をもたせるようにする。

プログラミングした音楽を電子黒板で発表し合い全体で交流する

リコーダーで実際に演奏しリズムを工夫する

参考Scratchファイル