つくば市のプログラミング学習、実践事例などをご紹介しています。

3年つくばスタイル科「ビュートレーサーを動かそう!」

アイコン
3年つくばスタイル科「ビュートレーサーを動かそう!」ワークシート

アイコン
3年つくばスタイル科「ビュートレーサーを動かそう!」コース図A

アイコン
3年つくばスタイル科「ビュートレーサーを動かそう!」コース図B-E

本時の目標
どのようにプログラミングをすると,ビュートレーサーを思いどおりに動かすことができるかを,考えることができる。
本時で育成する情報活用能力
それぞれのコースに合った動き方を「選択」し,自分なりに「解釈」して,ビュートレーサーがコースどおりに走るようプログラミングをする。上手くいかなければ何故上手くいかないのかを「分析」し,思いどおりに動くようプログラミングしていく中で,より良い組み立て,「創造」ができるようにしていく。

  • 導入
    1. 前時の学習を振り返る。
    2. 本時の学習課題をつかむ。
      コースに合わせてプログラミングをして,車を走らせよう。
    3. 学習の流れを知る。
      (1)コースを選ぶ。
      (2)プログラミングの内容を考える。
      (3)プログラミングしてデータを送る。
      (4)コース上で試走する。
      (5)話合いエリアに戻り,プログラミングを修正する。
    留意点
    • 前時に行った学習で上手くいったものや,直した方が良かったプログラミングの仕方を,モニターに映し出して紹介する。
    • 前時に学習した内容を基に,ビュートレーサーをいろいろなコースで走らせる。どのようにすればそれぞれのコースに合わせて走らせることができるかを,協力し合って考える。
    • 実際のコースを縮小したプリントを各グループ分用意し,話合いエリアでもコース内容が分かり,話合いがしやすいようにする。
    • 学習の流れは,見通しがもちやすいように掲示し,いつでも見られるようにする。
  • 展開1
    1. グループごとに,自分たちでコースを選び,ビュートレーサーを走らせるためのプログラミングを行う。
      場の設定【体育館】
    留意点
    • グループでビュートレーサーを走らせやすくするために,コースとコースの間を空け,広いスペースを使うように場の設定を工夫する。また,話合いがじっくりできるように,話合いスペースも設ける。
    • 友達と意見を出し合って互いの考えを尊重し合い,試行錯誤しながら,まずはワークシート上でプログラミングをし,PC上でのデータ作成や試走につなげられるようにする。
    • グループでの話合いの様子を見ながら,リーダーがグループ全員の意見を引き出せるよう,声かけをしていく。
    • 全部のコースを行う必要は無く,時間内で可能な限り回ることとする。
  • 展開2
    1. 実際に,ビュートレーサーをコース上で走らせてみる。
    2. 試走で上手くいかなかったところの理由を追究し,プログラムを修正する。
      ・ゴールまでの道のり
      ・カーブするところや曲がり角の回り方(右回り・左回り)
      ・まっすぐ進める距離
      ・繰り返し(ループ)の入れ方
    留意点
    • コース上には障害となるもの(水を入れたペットボトルなど)を置いて立体的にし,コースの助けとなるようにする。
    • 何故,思うようにビュートレーサーが走らなかったのか,理由を話合いの中できちんと追究できるように,リーダーが中心となって話合いを進めるためのヒントカードを作成しておく。
    • プログラミングを修正する場合は,どのように修正したのかが見て分かるように,また,説明もしやすいように,ワークシートに記入するよう声かけをする。
    • 修正後には,またビュートレーサーをコース上で走らせ,コースどおりに走らなかったところを再度修正するようにし,何度も修正と試走を行っていくようにする。
  • まとめ
    1. 上手くいったプログラミングを紹介し,実際に良かったところを学級全体で共有して活動を振り返る。
    留意点
    • 上手くいったプログラミングを実際にモニターで映し出して共有し,以降に生かせるようにする。
    • 上手くいかなかった場合のプログラミングも共有し,学級全体で考えて解決できるようにする。