つくば市のプログラミング学習、実践事例などをご紹介しています。

3年音楽「くりかえしや変化をつかってまとまりのあるリズムを表現しよう 『チューリップ』」

本時の目標

音楽の仕組みを生かし,与えられた楽譜を参考にしながら旋律を表現する。

本時で育成する情報活用能力
音楽の仕組みとプログラミングを関連付けながら旋律づくりに取り組むことができる。

  • 導入
    1. 前時までの学習を振り返り,全員で音読する。
    2. 本時の課題をつかむ。チューリップの旋律をプログラミングしよう。
    3. 本時の学習内容や作業の順序を知る。
    留意点
    • チューリップのワークシートを見せ,リズムとメロディーを再確認する。
    • リズム伯と旋律を記したワークシートを基に,プログラム作成の手順を確認する。
  • 展開1
    「スクラッチ」で,プログラミングをする。
    1. ワークシートを基に旋律をプログラミングする。
    2. リズム伯をプログラミングする。
    3. Aメロディー,Bメロディー,Cメロディー,を順番にプログラミングする。
    留意点
    • 音階と鍵盤のキーがリンクするように「ド」=「60」の番号であることを確認する。
    • リズム伯には,四分音符や休符があることを伝えて作成することを確認する。
    • 音を出しながら作成することの良さを確認する。
  • 展開2
    1. 同じメロディーを作成する友達と話し合う。
    2. 曲を再生する。
    3. 繰り返しのプログラムを作成する。
    留意点
    • 作成する場面が同じ友達と,音階プログラムを相談してよりよい表現方法を考えるように助言する。
    • プログラムを見直し,修正した部分を書き加え,修正したことによりその次の手順がかわることがあることを知らせる。
    • 画面閲覧機能で友達の進捗状況を可視化し,どこを修正していくのが良いのか,どこを進めるべきなのか,友達とアドバイスし合う。
    • プログラムした曲を再生しリズムとメロディーを確かめるようにする。
    • 曲の表現には繰り返しのリズムがあり,効率的に表現することができることを伝える。
  • 学習の振り返り
    音楽の仕組みを理解し,表現をより効率的に行えたかを意識できるようにする。