つくば市のプログラミング学習、実践事例などをご紹介しています。

3年音楽「日本の音楽に親しもう」

スクラッチでプログラミングして創られた旋律を聴き合い,友達と意⾒を出し合っていく中で,よりよいお囃⼦にしていくために論理的に考えて解決することができます。

ねらい
教科のねらい
日本の音楽の雰囲気や特徴を感じ取りながら,民謡を聴いたり表現したりして日本に伝わる音楽に親しむことができる。プログラミングの中で,楽譜を分解することから日本の音楽の特徴を感じ取ることができる。また,プログラミングをしながらリズム伴奏や旋律を効果的に活用する方法を理解することができる。
プログラミング学習のねらい
楽譜を分解し,音を捉える。それらの音をスクラッチのプログラムに置き換える(記号化)。プログラミングされた旋律を聴き合い,友達と意見を出し合う。くり返しや並べかえを行うことで,論理的に考えて,よりよいお囃子にしていく。ペアでつくったお囃子の旋律をグループで再生リレーし,お囃子の特徴を考えて,曲にすることができる。
単元計画
  1. 音色・リズム・速さを聴き比べて,それぞれのお囃子の特徴をまとめる。
    ○お囃子の特徴を聞き取る。
    ○2 つのお囃子のリズムの速さの違いに気づく。
  2. お囃子の特徴を話し合う。
  3. お囃子の特徴を生かして旋律づくりをする。
    ○ペアになり,お囃子の特徴を生かした旋律をつくる。
    ○ワークシートの五線譜に旋律をかく。
    ○お互いの旋律をリレー形式で再生し,修正しながら曲にする。
  4. ワークシートをもとにスクラッチで旋律をつくる。(本時)
    ○スクラッチで旋律をつくる。
    ○旋律を聴き合う。
    ○修正を加える。
    ○再生する。
  • 導入
    1. 前時の学習内容を想起し,本時の学習課題をつかむ。
      つくったせんりつをリレーして,おはやしを工夫しながら曲にしてみよう。
    2. 本時の学習の流れを確認する。
    1. 旋律を聴き合う。
    2. 修正を加える。
    3. 再生する。
      ※b・c 繰り返し
    留意点
    • お囃子の特徴や,お囃子をペアでつくったときの条件を想起する。
    • ペアでつくった旋律をリレー形式で再生し,前時のワークシートを参考に,修正を加えながら曲にしていくことを伝える。
    • 見通しをもって活動ができるように,学習の流れ等を掲示する。
  • 展開1
    1. グループの中でお囃子を発表し合う。
    2. 特徴を生かしているか,修正点を話し合う。
      ○お囃子の特徴
      ・ラドレ(ミソ)を使う。
      ・繰り返しが多い。
      ・旋律は篠笛や三味線が多い。
      ・様々な太鼓,鉦,ジャンガラ等でリズム打ち
      ○工夫点・修正点
      ・速さ  ・音の種類
      ・音のつなげ方
      ・始め方や終わり方
      ・強弱   など
    留意点
    • 周囲のグループの音や声が支障とならないよう,可能な限り離れて話合いができるような場の設定を工夫する。
    • どんなことに気をつけてつくったのか,互いに確認しながら聴き合うようにする。
    • 互いの旋律の良さを生かしながら,続けて再生した時に,より良い曲にするためにはどのように修正したら良いのかを,ワークシートにも記入する。
    • 良い表現方法や工夫点が出てきたら,互いに認め合えるよう,雰囲気づくりに配慮する。
  • 展開2
    1. 話し合った内容を生かしてプログラミングを修正する。
    2. 修正したお囃子を聴き合う。
    留意点
    • 実際に音源化するとイメージが変わることもあるので,「修正→再生」を繰り返していく中で,修正を加えていけるようにする。
    • ループ(繰り返し)などの機能もプログラミングの中で使えるよう,声かけをしていく。
    • 声になかなか出せない児童でも,ワークシートには記入できる児童もいるので,ペアやグループの中で互いにワークシートを見せ合いながら進めていけるようにする。
  • まとめ

    学習の振り返りをする。

    • いくつかのグループの工夫点や修正点を紹介し,今後に生かせるようにする。
    • 次時は,リズム伴奏を加えたり,互いのグループの発表を聴き合ったりすることを伝える。