ダンゴムシの赤ちゃん

朝、一番早く登校した男の子が

「先生、ちょっと来て。大変!」と窓ぎわの棚に呼びました。

「ダンゴムシが赤ちゃん うんでる!」

他の子たちも、ぞくぞくと集まってきました。密になるので、

「1列にならんでー」と言うと、順番を待って、

「うわぁ!すごーい」とみんな興味深々でながめていました。

老眼鏡をかけて見ても、小さいつぶが動いているだけにしか見えませんでしたが、

こうして見ると、ちゃんと足が見えますね。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました