5年生〜あったか、楽しい♩お茶いれ〜

5年生が家庭科の「気持ちがつながる 家族の時間」の学習でお茶いれをしました。

お茶を入れることをきっかけに、団らんのよさ見つけることをねらいとした授業です。

初めての調理実習に、ワクワクしながら準備をする子どもたちでした。

『美味しいお茶をいれるには、どうしたらよいだろう。』

というめあてについて考えながら、協力して活動をしました。

・湯は少し冷ましてからいれる。

・少し蒸らしてから注ぐ。

・全員が均等な濃さになるようにいれる。

これらを意識して声をかけ合っていました。

自分たちでいれたお茶をいただいた感想は…

「おいしい〜!!!」

よりも、先に、

「苦〜い!!!」

という声が多かったです(笑)

 

授業の最後には、「家で家族にお茶をいれてあげたい。」とふり返っている子もいました。ぜひ、家族の団欒に子どもたちのいれたお茶などは、いかがでしょうか(^^)♩

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました