4年生 社会「自然災害からくらしを守る」を学習

4年生社会の「自然災害からくらしを守る」の学習では、過去に発生した地域の自然災害や、関係機関や人々が協力して災害に対処してきたことについて学んでいます。学習したことを基に地域で起こり得る災害を想定し、日頃から必要な備えをするなど、自分たちにできることを考えます。今回の授業では、市役所の取り組みについて調べ、グループで調べたことを交流し合い、全体で共有しました。児童たちは、様々な資料から市役所の取り組みをまとめ、そのおかげで命も生活も守られていることに気付き、感謝の気持ちを表していました。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました