6年生 体育「アルティメット」ドローン・学習用端末映像で振り返り

6年生の体育では「ボール運動『アルティメット』」に取り組んでいます。

今回はボールではなく、フライングディスク(ドッジビー)を使いながら、パスの仕方やパスの受け方などを工夫した練習やゲームを行うことをねらいとして学習に取り組んでいます。

子どもたちはフライングディスクを投げたり、捕ったりする運動に夢中になって取り組み、授業で初めてフライングディスクを触った子も、すぐに上達してまっすぐ投げることができるようになってきています。

  

授業では学習者用端末を使うことで、自分の投げる動作や捕る動作、パスを受けるときの動作などを映像で確認しています。その映像を通して、それぞれの動作の「こつ」を伝え合い、共有することで、一人一人の技能が高まってきました。

 

今回は、市総合教育研究所の学校ICT支援員さんの協力でドローンを使った撮影も行い、上空からの視点で自分たちのチームのプレーを確かめることができました。いつもの横からの視点とはちがい、自分たちの動き方が分かりやすくとらえることができ、よいプレーや課題がより明確にすることができました。

授業後には、振り返りを行い「動作のこつ」や「次の時間の課題」などを明確にしています。一人の気付きを全員の学びにつなげられるように考えを共有する時間も大切にしています。

次回からは、少しずつゲーム形式で学習を進めていく予定です。「One Team」になって協力する子どもたちが、どんなスーパープレーを見せてくれるのかとても楽しみにしています。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました