保健安全部シミュレーション研修

8月31日(木)に,保健安全部によるシミュレーション研修を行いました。
今回の研修では,実際に対応が必要な事象が起きたと想定し,胸骨圧迫法やAEDを活用した救命救急,緊急連絡等の教職員の対応の仕方(動き)について確認をしました。
要救助者への対応は身をもって体験したり話を聴いたりすることが重要であると考えています。「もしも」のときに研修の成果をしっかりと生かすことができるよう職員間でも深く話合い,反省を行いました。
本日の研修にご協力いただきましたつくば市中央本部の皆様,ご協力ありがとうございました。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました