1月19日(水)日直の先生が書いた看護日誌を紹介します!


1月11日(火)オンライン集会で、学級目標に沿って決めた学級の取り組みを発表した。どの学級も課題意識をもった内容で、集団としての成長を感じた。

1月12日(水)昨日が雨であったため、久しぶりの外での休み時間となった。鬼ごっこ、縄跳び等元気に過ごしていた。終了5分前に素早く教室に向かう姿が見られ、次学年に向けた準備運動が始まっているように感じられた。

1月13日(木)個人やクラスの目標を意識して活動している児童が多くみられ、落ち着いた生活ぶりであった。学力診断テスト2日目。学習の成果を発揮できるよう、真剣に取り組んでいた。

1月14日(金)気温の低い日が続くが、外遊びを奨励し、かつ手洗いうがい等の感染対策を行いながら、体力の向上を指導していきたい。

1月17日(月)給食時は、黙食を徹底し、感染対策においても団結できるようにしていく。

1月18日(火)各学級で自分を振り返る活動が行われ始めている。一層の成長ができるよう、竹の節目のように、しっかりと束ね(振り返り)をさせたい。

先生方一人一人、子供たちの成長を感じながら、支え、励ます様子が見てとれます。児童それぞれ、持ち味、良さが違い、どの子もオンリー1です。クラス最終日には、一人一人が達成感を感じ、美しい花を心に咲かせてほしいものです。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました