11月29日(月)外部講師によるハンドボール(4年)と校内研修公開授業(1年・4年・6年)


4年生のハンドボールです。外部講師2名の方がいらして、御指導をいただいています。どちらの先生も元つくば市内の校長先生で、子供たちに気さくに声をかけながら、ハンドボールの楽しさを教えてくださっていました。複数回いらして,指導してくださいます。楽しみですね。

また、1年生が2時間目授業公開をし、職員が授業を研修しています。1年生でも、しっかり電子黒板前に立ち、発表する姿があり、また、お友達と同じ意見、違う意見を分類する等、しっかり考えを整理している姿がありました。授業公開をしても、いつも通りできることが、たのもしいですね。

こちらは、3時間目の4年生の国語、研究授業です。文章を読み取りながら、物語の世界に入っていく様子が、手に取るようにわかりました。ペアやグループで意見を交流し、ホワイトボードにまとめる力もついてきましたね。元気で、物おじしない発表力にも、高学年に向けてますます期待がかかる4年生でした。

ここから、4時間目の6年生、社会科です。もし、自分だったら・・・という歴史の場に身をおいて考える活動に挑戦していて、もう中学生に近い考え方、学び方ができているなと感心しました。振り返りがしっかり書かれていて、つくば市の「教えから学びへ」の転換がなされている授業でした。未来の主権者となる6年生。これからも社会科の学習で、考えを広げたり、深めたりしていってください。

最後に、3人の先生達のお陰で、職員全員で、授業について考えることができました。今日まで、何度も頭の中で、子供達の学びの流れを考えたことと思います。子供たちが学びを創り出していけるよう、これからも二の宮チーム、力合わせて進んでまいります。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました