10月22日(金)終業式(1年生編 ALTのインタビューも)


コキアも全部色づきました。皆さん、気づきましたか。

写真は、1年生の朝の会、朝の歌、終業式の様子です。整頓された傘、出された提出物の様子を見ても、1年生の4月からの積み重ねがわかります。

担任の先生からは、名札を自分でつけられるようになったこと、自分でどんどん動けるようになったこと、挨拶が上手になったことなど、誉められていました。教室をまわっていると、どこのクラスも気持ちの良い挨拶や会釈ができました。終業式では、背筋をぴんと伸ばして、教頭先生の話をしっかり聞いていました。今日は小学校初めての通知表を持ち帰ります。担任も子供たちの頑張りを認める声かけをして、2学期の意欲につなげてまいります。

ALTが本日最後になりますので、インタビュー形式で終業式の後に挨拶をしていただきました。インタビューをしたのは、英語が専門の先生です。通訳をしたので、1年生にもよくわかったようでした。今日でお別れだと知ると、とてもさびしそうな顔をしていたのが印象的でした。いつか、また、どこかで会いたいな!!と二の宮小学校の子供たちはみんな思っています。ALTには、英語だけを教えていただいたわけではありません。子供たちみんな、ALTの朗らかな様子から、笑顔や優しさが大切なことを教えていただきました。発音したり、発表したりすると、「Good!」「Good job!」とALTはたくさん誉めてくれたので、やる気も引き出していただきましたね。授業スキルの高い先生でしたので、オンライン学習でも担任と協力し、授業を発信してくれました。いくら感謝しても足りないくらいです。本当にありがとうございました。

 

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました