5年生の体育の授業では、リレーについて学習しています。今日は『テイクオーバーゾーンの活用』についての学習でした。

担任の津村先生は、子どもたちがグループの課題について解決できるように、工夫した内容の授業に取り組んでいました。子どもたちが、主体的に学習することは、どんな授業でも必要です。

課題解決のためのグループ練習を終え、実際に走ってみると、練習前よりスムーズにバトンの受け渡しができているグループが多くなりました。どんなことでも、考え、実際にやってみて、さらに改善することが大切であることを感じた子どもたちでした。