「ようこそ並木中学校へ!」 7年生が登校しました 

本日,並木中学校に7年生129人が入学しました。

啓志式は,延期となりましたが,初めての中学校への登校でした。玄関では,全職員で7年生を迎えました。新しく,また少し裾が余った制服に身を包んだ7年生は,とても初々しく,私たち職員も心が弾む思いでした。

昇降口に張り出された新しい学級の掲示に自分の名前や友達の名前を見付けた7年生の笑顔も,教室に入ると少し緊張気味に・・・

始めに,学校長より放送で,7年生に向け,あいさつが流されました。

「春休みの間,中学校へ行ったらこんなことを頑張りたいと進級を楽しみにしていたでしょう。ところが新型コロナ感染拡大で今は,大変な事態になってしまいました。学校が再開するまでの時間を使って,ぜひ将来の夢や今年の目標を考えておいてください。」そして,次の三つのことばを送りました。,「並木中生としてのプライドをもち,小学校とは違う自分をつくっていこう」「校訓にある『自主・創造・協和』の中でも,自主性を身に付けよう。そこで明日からの2週間も自分で考え,自分で判断して行動しよう」「今,一番大切なこと,感染しないよう,自分を家族を守るためにどうしたらよいか,考え,行動しよう」教室では,真剣なそして,素直なまなざしで放送を聞く7年生の姿がありました。

その後は,新しい教科書や次の登校で必要になるヘルメットやタスキ,家庭学習計画表などが配付されました。緊張していた顔も次第にほぐれ,教室を出て玄関を出るときには,見送りをする職員に笑顔で「さようなら」を言って下校していきました。

全学年がそろって,授業が再開できる日が,待ち遠しいです。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました