地質標本館で「地層」の学習

6年生は,理科で「土地のつくりと変化」の学習をしています。

今日は,地質標本館で校外学習を行いました。「地層のはなし」プログラムのいろいろなメニューで体験的な学習をすることができました。水路実験では,目の前で三角州や地層ができていく様子を確かめることができました。映像室では,松代の近くの場所が大昔は海であった証拠があることや地質標本館の近くでナウマンゾウの歯の化石が見つかったことなどスタッフの方から詳しく説明をしていただきました。展示室の多くの化石や鉱物の中には,実際に触ることができる化石もありました。宮城県のジュラ紀の褶曲模型や津波堆積物剥ぎ取り模型などについても興味深い話をうかがうことができました。

地質標本館のスタッフの皆さま,お世話になりました。ありがとうございました。

 

Translate »
タイトルとURLをコピーしました