沿革

明治10.4.1 真瀬尋常小学校設立される。
大正10.4.5 真瀬尋常小学校・高須賀尋常小学校・老田渕尋常小学校が合併され、真瀬村立尋常高等小学校となる。
大11.1.23 校舎新築起工(創立記念日)
昭5.10.1 校舎増築・校地拡張
昭8.4.21 運動場拡張・多行松50本植樹
昭9.11.10 校庭拡張整理
昭16.4.1 学制改革により,真瀬国民学校となる。
昭22.4.1 学制改革により,真瀬村立真瀬小学校となる。(老田渕の学童は,水海道大生小学校へ)
昭30.3.31 町村合併により,谷田部町立真瀬小学校となる。(川西の児童は大生小学校へ)
昭41.4.25 鉄筋校舎竣工(総面積1340㎡)
昭45.10.22 子供郵便局大蔵大臣賞受賞
昭45.10.27 プール完成
昭48.7.7 体育館竣工
昭52.11.22 学校環境緑化コンクールに特選となる。
昭54.5.27 全日本学校環境緑化コンクール準特選
昭54.6.4 子供郵便局郵政大臣賞受賞
昭54.10.17 子供郵便局大蔵大臣賞受賞
昭56.1.30 新校舎(特別教室)竣工
昭57.10.13 町教育研究会指定の体育研究発表会を開く
昭59.3.31 亀の子山整備・アスレチック設置
昭60.11.14 子供郵便局郵政大臣賞受賞
昭60・61年度 郡・町教育研究会指定(理科)
昭62.11.30 町村合併によりつくば市立真瀬小学校となる
昭63.11.10 校舎大改修
平3.10.7 子供郵便局郵政大臣賞・県知事賞受賞
平4.2.14 良い歯の学校表彰として県歯科医師会長賞受賞
平4.10.21 子供郵便局郵政省貯金局長賞受賞
平5.10.4 子供郵便局関東郵政局長賞・知事賞受賞
平6.3.1 コンピューター教室設置
平7.4.1 県教育委員会指定愛鳥モデル校
平9.10.22 子供郵便局関東郵政局長賞受賞
平11~15年度 文部科学省・郵政省指定先進的ネットワークモデル地域事業モデル校
平成13年度 県教育委員会指定アグリメント生き生き体験授業
平14.3.29 増設教室設置(教室1,多目的室1)
Translate »
タイトルとURLをコピーしました