創立145周年記念写真

来る1月23日は本校の創立記念日です。大正11年1月23日に校舎が新築起工された日で,100周年を迎えました。本校はこの創立記念日よりも遡ること明治10年4月1日に,真瀬尋常小学校が設立されていて,創立145周年となります。真瀬尋常小学校に高須賀尋常小学校,老田渕尋常小学校が合併され,真瀬村立尋常高等小学校となったため,校舎が新築されたと思われます。戦時中は学制改革により真瀬国民学校となりますが,戦後の学制改革により真瀬村立真瀬小学校となり,75年の月日が流れました。本年度の卒業生は第75回の卒業生となります。
この2年半,新型ウィルス感染症の脅威にさらされ,今またオミクロン株に形を変えて感染が急拡大。マスクの生活,三密を避けた生活が学校での新生活様式となりました。今までどおりにいかなくなった中でも子どもたちも先生たちもよくがんばってきました。100年に一度といわれる新型ウィルス感染拡大の中でも学びを止めずにがんばっている姿を創立記念日にあやかって記念撮影したいと思い,本日全体写真撮影を行いました。よく晴れた空が似合う輝く子どもたち。伝統ある真瀬小学校で共に学ぶことができることを誇りに思います。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました