話をきくということ

本年度はつくば市全体で「教えから学びへ」の転換を図り,主体的・対話的で深い学びの実現に向けて取り組んでいます。本校はほとんどの先生が2回目の授業公開を終えています。校内の研修を行い,授業を参観すると,どの学年においても,どの授業の中でも,これは大切という一貫した姿があります。それは・・・
◆ 話し手の方に体を向け,話し手の顔を見てきくということ
◆ 考えながら,うなずきながら,きくということ
◆ 分からないと思ったら,ペアとなる隣の人か先生に分からないところを伝え,「教えて!」「どのように考えましたか?」などと,きくことができるということ
です。これまでもこのことは大切に指導してきたことです。「学びへ」の転換が図られた授業というものの、話をきくというこの行為そのものも主体的な「学び」の姿だと思います。
1年生の段階から特に自由気ままに自分だけが話すのではなく,どのお友達の話もよくきく,ということを日々指導しています。

このような日々の指導により,どの学年も話のきき方が上手になっていることを実感します。

Translate »
タイトルとURLをコピーしました