学校の歴史

明治08年04月15日 栗原村下坪,鈴木鼎之助の長屋門に栗原小学校を創設す。(その後約22年間,民家又は寺 院等にて授業する。)
初代校長 鈴木鼎之助
初代校長 鈴木鼎之助

大正時代の栗原小学校

尋常科(大正14年度)
昭和32年度
昭和32年度
ピアノ披露演奏会
ピアノ披露演奏会
仲良し山
仲良し山
約束の山
約束の山
平成11年撮影
記念誌
創立120周年記念誌
新校舎
新校舎完成
明治30年04月 現在地にて開校(3教室,校地473坪)
明治36年04月 高等科を併置し、栗原尋常高等小学校と称す。
明治40年04月01日 高等科を廃止、六年制の尋常小学校となる。
明治44年12月 校地拡張凡91坪、農業補修学校付設
大正 4年 3月 校地448坪を拡張し校舎増築す。
大正 9年11月11日 南校舎4教室増築。
大正10年 4月 高等科併置、栗原尋常高等小学校
大正14年 5月20日 校舎南側の畑地511坪を買収拡張する。
大正15年 5月25日 校舎増築(2教室)の認可指令ある
大正15年 6月 1日 農業補修学校を栗原農業公民学校と改称
大正15年 6月28日 農業公民学校に村立青年訓練所を併設の認可。
昭和02年 6月 校地152坪を買収拡張する
昭和 5年 5月29日 手工科加設の件認可(15坪)。
昭和16年 4月 1日 栗原国民学校となり尋常科を初等科と改む。
昭和22年 4月 1日 栗原村立栗原小学校となり、高等科は新制中学となる。給食室(12坪)新築。
昭和30年 7月22日 栗原・栄・九重の各村が合併し桜村となり、桜村立栗原小学校と改称。
昭和32年 3月31日 栗原中学校は栄中学校と統合、桜村立桜中学校となる
昭和33年 物置(6坪)小使室(8坪)新築。ピアノ購入(PTA寄付)。
昭和35年 8月 手工室移転し理科室に改造。
昭和37年 3月 教室塗装(PTA寄付と奉仕)。
昭和37年 8月 屋根瓦葺替え(PTA奉仕)。
昭和37年12月 ジャングルジム・焼却場新設(PTA奉仕)。
昭和38年 8月 回旋塔とシーソー新設(PTA寄付)。
昭和39年11月 創立90周年記念事業として仲良し山・岩石園完成。
昭和40年 1月25日 90周年記念式典。
昭和42年12月 校歌制定(作詞 小島満,作曲 中尾正)。
昭和45年 4月 鉄筋校舎2階建,用務室,給食室竣工。
昭和46年 5月 3つの誓制定、環境整備。
昭和47年 4月 児童標準服制定。
昭和47年 7月 プール完成。
昭和48年11月 体育館完成。
昭和49年12月 花いっぱいコンクール県知事賞を受ける。
昭和50年 1月 100周年,約束の山完成。
昭和51年 4月 謝恩の碑建設。
昭和52年 4月 特別教室4教室増築。
昭和54年 9月 5日 アルミ金属プール竣工。
昭和55年 4月 励ましの碑建立。
昭和57年12月 運動場拡張工事完成。
昭和58年12月 理科室竣工。
昭和63年11月30日 市制施行により、つくば市立栗原小学校となる
昭和63年11月 視聴覚室にコンピューター設置。
平成 3年 5月 7日 児童服を私服とする。
平成 6年10月 こども郵便局大蔵大臣・日本銀行総裁表彰を受ける。
平成 7年 4月 市より研究校の指定を受ける(理科・生活科)。
平成 8年 1月 創立120周年記念誌発行。
平成 8年11月 7日 市指定研究発表会(生活科・理科)
平成10年11月 1日 体操着を変更する
平成11年11月 8日 視聴覚室のコンピューター更新。
平成12年 2月 ホームページ開設
平成22年 4月 新校舎完成
平成24年 10月 耐震補強工事完了
Translate »
タイトルとURLをコピーしました