6月26日(金) やる気を育てる腰骨タイム

 24日の児童集会『正しい姿勢をしよう』集会で,保健安全委員会が正しい姿勢や腰骨タイムについて発表し,昨日から児童登校後の時間に腰骨タイムを開始しました。養護教諭が放送で呼びかけると,教室は静かになり,正しい姿勢をつくり,目を閉じて,心を落ち着かせます。ただ「姿勢をよくしましょう」と言うのではなく,具体的な方法を教えてあげるだけで,児童の姿勢に対する意識が違います。ゲームや携帯などの普及や外遊びの減少に伴い,体を起こしたり支えたりする体幹の筋力が低下し,姿勢が悪いと,首の肩こり,腰痛,消化機能の低下,視力低下などさまざまな影響があると言われています。ご家庭でも,お子さまの姿勢を気をつけてみていただけたらと思います。

    

Translate »
タイトルとURLをコピーしました