6月3日(水) 全校朝会

 今朝の栗っ子タイムの時間は,毎月1回実施される全校朝会です。今日は小倉先生から『読書』についてのお話がありました。小倉先生から「本を読むといいことが2つあります」と言うと児童は目をキラキラさせながら聞いていました。一つ目は「『本を読むと頭がよくなる。』本には知らないことがいっぱい書いてあり,たくさん覚えます。本を読むことがイヤな人は,本を読むことに慣れましょう。そうすると文字を読む力がつきます。」二つ目は『心が豊かになる。』心が豊かというのは,やさしい人になるということです。本を読むと登場人物の気持ちになります。そうすると人の気持ちを考えることができ,やさしい人になれます。栗原小学校のみんなも人の気持ちがわかる,やさしい人になってほしい。」とのお話がありました。また「『みんなに薦めたい1冊の本推進事業』が一人でも多く達成できるように。」と励ましの言葉がありました。6月は梅雨の時期なので,外遊びが大好きな栗原小の子どもたちは,外で遊びたくてウズウズしてしまうかもしれませんが,そんな時は,心を落ち着かせて読書をしてほしいなと思います。

  

Translate »
タイトルとURLをコピーしました